株式会社 朝日ビルディング

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

商業施設運営

トップ  >  事業紹介  >  商業施設運営

「上質な時間が流れる街を創造します。」

商業施設の開発・運営を「街づくり」と捉え、消費者動向調査からコンセプト立案、施工管理、テナント誘致、集客・収益向上支援まで、一貫して手掛けています。
時代とともに変わりゆくニーズに合わせて、既存施設の活性化に向けたリニューアルプランも提案。多くの人が集う新しい街を創造します。

エリア特性に合った魅力あふれる商業施設を開発

商業施設を開発するということは、単なる「ハコ」づくりではなく、人々が集う新たな「街」の創造であると考えます。当社では、その街らしさを表すコンセプトを大切にし、にぎわいのある商業施設の開発に力を入れています。街では、食べる、買う、暮らす、遊ぶ、サービスを受けるなど、人々の日常に対して新しいライフスタイルを提案し、情報を発信。現代を未来へとつなげる多くの出逢いや発見、新しいコミュニケーションや文化を生み出します。
そうした街をつくるため、まずは、建設地周辺エリアのマーケット調査を行い、トレンドや消費者動向を検証。エリア特性を十分に把握した上で開発のパイロットプランを立案し、利便性と文化的価値の高い、魅力あふれる商業施設づくりに努めます。

テナントとお客様から親しまれる施設運営を目指して

商業施設

商業施設の運営では、テナント各店の収益性向上と、お客様に何度も足を運んでいただける施設の実現を目指しています。そのため、当社では来館者調査、売上分析などを通じて施設の現状やお客様のニーズを正確に把握し、話題性があり、かつ効果的な販促プランを立案・実施しています。
また、定期的にテナント各店と面談を行い、課題を抽出するとともに、店舗だけでなく施設が一体となって課題解決のためのアイデアを創出。常に新鮮で上質な「モノ」( 商品・サービス) と「コト」(価値観・情報) を提供し、リピーターづくりに貢献します。

時代に合わせたリニューアルで既存施設を活性化

既存施設を活性化

商業施設では活気を維持するため、お客様のニーズやトレンドを踏まえたリニューアルを実施しています。
例えば、福岡朝日ビルでは、地下・サンプラザ商店街の飲食ゾーン通路を落ち着いた雰囲気に改修し「博多うまかもん通り」として再生。一足先にリニューアルした福岡朝日会館の商業施設「Passage朝日会館」では、共用部の内装をエレガンス&モダンテイストに刷新。両施設とも、サインやライティングも見直し、館内の華やかさが増したと好評を得ています。また、新たな業態の店舗も誘致し、様々な商品やサービスの提供にも取り組んでいます。

培ったノウハウをもとに商業施設の開発を各地で展開

時代に合わせたリニューアルで既存施設を活性化

当社の所有している既存施設だけではなく、朝日新聞グループが所有しているビルの再開発に積極的に参画しています。2017年春に竣工を予定している中之島フェスティバルタワー・ウエストの再開発に伴い、地下1~2 階にレストラン、カフェ、セレクトショップなど多彩な店舗の誘致を計画。隣接する中之島フェスティバルタワーと合わせて、約50店舗が集まる魅力的な商業施設の開業準備を進めています。また、銀座6丁目の東京朝日ビル建て替えプロジェクトに伴う商業施設の開発・運営などでも、当社の総合力を展開していきます。

このページの上へ